【在宅勤務】非IT会社が在宅勤務を導入した結果、起こった問題

この記事は約2分で読めます。

私の勤めている会社は非IT会社です。連絡は基本メールで、FAXもバンバン届く
古典的な日本企業です。コロナウイルスの影響で在宅勤務を余儀なくされた結果
起こったことをお話しします。

起こった問題とは

一体型パソコンしか無い

会社では支給パソコンが基本的に一体型のパソコンです。一応ノートパソコンも選べるのですが
一体型パソコンの普及率が9割以上です。

在宅勤務では自宅にパソコンが無ければもうアウトです!
無い人はどうしようもできないので出社になりました!

私はノートパソコンを選択していたので難を逃れましたが、ほとんどの人が出社を余儀なく
されました。

連絡手段がメールのみ

在宅勤務での連絡手段がメールのみだと想像してみてください。地獄ですよね。
社内での業務しか想定していないため、情報共有の手段が乏しいです。

電話もできますが、それは1対1のみであり、内勤者は会社携帯を持っていないので
メールでCC地獄です。

私の所属する部署はビジネスチャットのslackを試験的運用として導入していたため、他部署と比べメールをする頻度は少なくなりました。

今は普段よりもチャットが活発です。
今回の件で、業務体制の見直しをしてもらえればいいのですが・・・

データ管理が基本ローカル

いざ在宅勤務をしようとしても扱うデータが社内でしかアクセスできない・・・。
USBメモリがあるじゃないか!うちの会社です・・・。

在宅勤務を想定していないため、社内パソコン以外ではデータに
アクセス出来ないって仕事できませんよね?結局出社ですか・・・?

まとめ

代表的なものはこれらのものですが、タスク管理など他にも問題はあります。
愚痴っぽくなってしまいましたが、必要なのはこれからどうするかです。

同じような境遇の方は沢山いると思います。今回の件で現状の課題が洗い出されたと
思いますので改善できるように一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました