【業務効率化】非IT企業のプログラミング初心者はGASを勉強するのがおすすめな理由

この記事は約3分で読めます。

プログラミングを勉強して日々の業務を楽にしたい。データ入力などの単純作業を自動化、プログラムを無料で定期実行させたい。そんなあなたにはGASがおすすめです

この記事におすすめの方
  • 業務での単純作業を減らしたい・自動化したい
  • プログラミングを勉強したいけど、どの言語から勉強すればいいか分からない
  • GmailやスプレッドシートなどGoogleのサービスをよく利用する
  • 全て無料で行いたい

GAS(Google Apps Script)とは

GAS(Google Apps Script)は、Googleが提供している無料の
javascriptベースのプログラミング言語です。

イメージとしてはVBAのようにWord・Excelの代わりにGASでは
GmalやスプレッドシートなどのGoogleが提供しているサービスを操作できます。

プログラミング初心者がGASを学ぶメリットとは

業務をすぐに効率化できる

社内でメールを始めとして、Googleのサービスを使ってる人は多いと思います。
GASを使って効率化できる例としては

  • スプレッドシートの内容を自動でメール送信
  • スプレッドシートの内容からグラフを自動作成して月次レポート提出
  • webページから自動で内容を抽出
  • 社内専用のwebアプリを作成して部署全体の定型業務の自動化
  • slackやtrelloなどの外部サービスと連携して通知やカード作成

などアイデア次第ではいくらでも自動化ができます。
ちなみに参考までに私の社内での使い方は

  • Googleフォームから入力してもらった内容を
    共有カレンダーに自動登録しslackに通知
  • kintoneのデータをスプレッドシートに読み込んで自動で各々に配布
  • GAS上でWebアプリを作成して社内業務の定型化

などがあります。

プログラミングを勉強する目的が業務に直結するのは
モチベーションを保つ意味でも励みになります。私もそうでした!

環境構築が不要

プログラミング初心者が勉強を始めるハードルとしては環境構築です。

色んなものをダウンロード、インストールして・・・会社のパソコンでソフトを
インストールするには権限が必要だから情報システムに
電話して許可貰って・・・。とても面倒くさいです。

GASはクラウド上で実行できる環境をGoogleが用意してくれているので
新しいスプレッドシートを追加するぐらいのハードルで環境が整います。

サーバーレスで定期実行できる

自分が作成したプログラムを定期実行するためには、自分のパソコンでやるか
サーバーを用意しなければなりません。

しかし、GASはGoogleが環境をクラウド上に用意してくれています。
トリガーが1か月や1日毎など時間単位や何かのアクションがあったら
実行してくれます。

これを無料で用意してくれるGoogleは太っ腹ですね!

Webアプリを簡単に作成できる

Webアプリを作成するのは、初学者にはハードルが高いですよね。前項でも書きましたが
サーバーを用意したり、バックエンドを学んだり大変です。

しかし、基礎的なhtmlとcssを勉強すればGASをそこから実行することも可能です。

おすすめの勉強法

私はこちらのUdemyの講座のビジネスパーソンに贈る業務効率化大全 〜Google Apps Scriptによる業務の自動化〜
がおすすめです。私もこの講座一つで学んでプログラムを作成しました。

基礎文法から始まり、業務にフィットしやすいサンプルや事例がたくさん載っているので
サンプルコードをベースに少し加筆するだけで使えるのもありがたいですね。

ついでですが、あまり使ってなかったGoogleフォームなどの便利な使い方を
知れたのは副産物でした。

まとめ

プログラミングを活用して業務を楽にすると、余裕が出来てくると
その時間を活用してさらに勉強するのも、趣味に使うなど時間が有効活用できます。

自分が作成したプログラムでチームや部署で感謝されるのは、とても励みになりました。
他にもpythonなども勉強すると出来ることが増えるのでぜひ一緒に勉強していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました